内緒にしたい心理学テクニック

心理学カウンセラーの先生から教えてもらった心理学の勉強ノート

【心理学】なぜ「美味しい」と毎日料理を作ってくれる人に言うことは大切なのか?

毎日家に帰って夕ご飯ができていると、とても嬉しいですね。

人は誰でも食事をしなければ生きていけません。

最近はコンビニ弁当も美味しくなりましたが、家庭で食べるご飯はやっぱり美味しいです。

一生懸命作ったご飯。

「美味しいね」のひと言で、とても嬉しい気持ちになります。

また頑張ろうと思います。

「美味しいね」って魔法の言葉です。

この魔法の言葉にはどんな力があるのか、心理学の視点で考えてみましょう。

昨日の晩御飯は大好きな鶏ミンチの大葉包みで美味しかったなぁ

美味しそうね!何かリアクションしたの?

美味しいを連呼して、ご飯もおかわりしました!

美味しいって言っているのね!奥さんの喜んでいる顔が目に浮かぶわ!

料理をするって実はとても大変

最近は男性も料理上手な人が増えました。

料理が上手だと、楽しみが増えます。

「美味しい」と褒められると更に嬉しいです。

趣味の料理はほんとに楽しいですが、家事としての料理は、好きなだけではできません。

毎日献立を考え、買い物をして、できるだけ時間を有効に使わなければなりません。

献立を考えるのも、栄養バランスを考えたり、子供の給食とかぶらないようにしたり、冷蔵庫の中身を確認したり、頭を使います。

更にコストも考えなければなりません。料理が苦手な人には、かなり辛いです。

最近はネットに簡単レシピも載っていますが、料理苦手な人には、ハードルが高い料理もたくさん。

それでも多くの人は、少しでもレパートリーを増やそうとしています。

料理を毎日作るのは、かなりの努力が必要なのです。

褒められると嬉しい、その心理学

そんな頑張って作ったご飯を「美味しい」と食べてもらえると、とても嬉しい気持ちになります。

「美味しい」という言葉は、「褒める」ことにつながります。

褒められると人は嬉しくなります。

その心理はどんなものなのでしょうか。

「褒められる」と人は、いろいろな気持ちを感じます。

例えば 、

1 モチベーション調整機能 褒められるともっと頑張ろうという気持ちになる。  「美味しい」と言われると、次も頑張ろうとモチベーションがあがります。

2 感情調整機能 褒められると嬉しいので気持ちが高まる。1と同じで、気持ちよく頑張ろうと思えます。

3 関係調整機能 褒められた相手に対する好感度が上がる。「美味しい」と言ってくれた相手への好感度があがります。家族の絆も強くなります。

4 自尊心形成機能 自分への関心を感じられることで、自分を大事にしようとする。  自分が頑張っていることを認めてもらえて、自分に関心を持たれていると感じます。 5 アイデンティティ確認 自分がどのような人間か考え、場合によっては自分の新しい 定義を与える。 褒められると「自分の料理、美味しいんだ」と思えるので、苦手感が軽減されたり、もっと上手になりたいと努力したくなります。

6 治療機能 自分の中でトラウマになっている点が解消される。「自分は料理が苦手」と感じている人にとっては、「自分にもできる」という気持ちが芽生え、トラウマが解消されます。

料理上手な人も苦手な人も、その人なりに努力を積み重ねています。

「美味しいね」という魔法の言葉は、その努力を認めて褒められたと感じられる言葉なのです。

まとめ

毎日ご飯を食べられることは、当たり前のことではありません。

必ず作る人の努力があるから、食べられるのです。

「美味しい」と言ってもらうと、食卓での会話も弾み、大切な家族団らんの時間になることでしょう。